/

楽天、ディクソン内野手と交渉 大リーグ通算20発

楽天の石井一久ゼネラルマネジャー(GM)は20日、新外国人選手として米大リーグ、タイガースのブランドン・ディクソン内野手(28)と交渉していることを認め、球団を通じて「リストアップはしている。ただ、契約合意をしているわけではない。現状、調査をしているという状況」とコメントした。

タイガースの地元紙デトロイト・フリープレス(電子版)が19日にディクソンが楽天へ移籍すると報じた。タイガースの球団公式サイトによると、メジャー出場の前提となる40人枠から外れ、ウエーバーにかけられた。

2013年にドラフト3巡目でドジャース入りし、18年にレッズでメジャーデビュー。19年にタイガースで15本塁打、52打点と活躍したが、今季は5試合の出場にとどまった。内外野を守れ、投手としても通算4試合に登板している。打者では通算196試合に出場し、打率2割2分8厘、20本塁打、64打点。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン