/

DeNAの梶谷・井納がFA宣言 巨人など関心

DeNAの梶谷隆幸外野手(32)と井納翔一投手(34)が27日、横浜市内の球団事務所で今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使する申請書類を提出した。梶谷には巨人が獲得に動く見込みで、井納には巨人やヤクルトが関心を示している。他球団との交渉は12月6日に解禁される。

走攻守がそろう梶谷は「とても悩んだが、より成長できるように。悔いのない決断をしたい」と話した。通算50勝を挙げている井納は「来年35歳で(権利を)持っていても仕方がない。声を掛けていただいた球団を含め、今後考えたい」と述べた。

DeNAはFA宣言後の残留を認めている。新型コロナウイルス感染拡大により球団の経営状況は厳しい。三原一晃球団代表は「(影響が)ゼロとは言えないが、現状のわれわれにできる提示をさせていただいた」と話した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン