/

ヤクルト木沢、149キロマーク 初のマウンド投球

ヤクルトのドラフト1位新人、木沢尚文投手(慶大)が22日、埼玉県戸田市の戸田球場で行われている新人合同練習で初めて球場のマウンドから投球練習し、最速149キロをマークした。投球や打球の軌道を精密に測れる機器「トラックマン」で計測。寒空の下で慶大時代に最速155キロをマークした実力の片りんを見せ、順調な調整ぶりを示した。

捕手を通常よりバックネット寄りに1メートル以上下げて距離を広げ、22球を投げ込んだ。「奥まで真っすぐが突き抜けるイメージ。大学の頃からやっている」と狙いを語った。

1軍でのキャンプインが正式に決まり「今の目標は開幕ローテーション入り。ルーキーだが、生き残っていきたい」と表情を引き締めた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン