サッカー

サッカー改正規則、1日から ハンドの基準明確に

2019/5/31 21:02
保存
共有
印刷
その他

サッカーの競技規則を定める国際サッカー評議会(IFAB)が3月に決めた改正規則が、6月1日から有効となる。ハンドの基準が明確になり、意図的でなくても手や腕に当たったボールが得点や決定機につながれば反則となることや、FKで攻撃側の選手が守備側の「壁」を妨げることを禁止することなどが盛り込まれている。

ハンドに関しては偶発的なものでも「ボールが手や腕に触れた後にボールを保持またはコントロールして得点する、得点の機会をつくり出す」「手や腕が肩の位置以上の高さにある」など状況次第で反則になると規定。FKの際には「守備側が3人以上の壁をつくった時、攻撃側選手は壁から1メートル以上離れていなければならない」とされた。

このほか「交代で退く選手は主審から指示された場合を除き、最も近い地点からピッチを出なければならない」「ボールが主審に当たり、攻守が変わったりした場合にはドロップボールとする」「コイントスに勝ったチームが前半に攻めるゴールか、またはキックオフを行うかを決める」などが改正された点だ。

現在、ポーランドで行われているU-20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)は既に新たな規則で行われている。日本では6月5日の日本代表の国際親善試合、J1では8月2日の第21節から適用される。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 J2福岡は29日、元日本代表FW森本貴幸(32)との契約を解除すると発表した。国外クラブへの移籍を望んでいるという。
 森本は東京Vから2006年にカターニア(イタリア)へ移籍し、13年まで海外でプレ …続き (14:10)

 【ミラノ(イタリア)=共同】サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)のジェノアは28日、新型コロナウイルスの検査で選手やスタッフ計14人が陽性反応を示したと発表した。クラブは「ガイドラインに定められ …続き (9:49)

パルマ戦の後半、競り合うボローニャの冨安=左(28日、ボローニャ)=共同

 【ミラノ(イタリア)=共同】サッカーの海外各リーグは28日、各地で行われ、イタリア1部(セリエA)でボローニャの冨安健洋はパルマ戦にセンターバックでフル出場した。チームは4―1で快勝し、今季2戦目で …続き (8:49)

ハイライト・スポーツ

[PR]