2019年7月19日(金)

プロ野球

セ・パ交流戦MVPにオリックス・吉田正 初受賞

2018/6/22 14:29
保存
共有
印刷
その他

交流戦のMVPに輝き、ボードを手に笑顔のオリックス・吉田正(22日、ほっともっと神戸)=共同

交流戦のMVPに輝き、ボードを手に笑顔のオリックス・吉田正(22日、ほっともっと神戸)=共同

プロ野球の日本生命セ・パ交流戦の表彰選手が22日に発表され、勝ち越しリーグの勝率1位チームのオリックスから選ばれる最優秀選手賞(MVP)は打率3割9分7厘、3本塁打、10打点の吉田正尚外野手が初受賞した。賞金200万円が贈られる。オリックスから選出されるのは2010年のT―岡田以来、2人目。

セ、パ両リーグから1人ずつ選ばれる日本生命賞(賞金100万円)にはセが1勝7セーブ、防御率0.00のヤクルトの石山泰稚投手、パは各チームが18試合を戦う現行方式になった15年以降では初めて4勝を挙げたロッテの石川歩投手が選ばれた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

5回中日1死一、二塁、アルモンテが中越えに適時二塁打を放つ(18日、横浜)=共同

 【中 日7―3DeNA】中日が10年ぶりの8連勝で2位に並んだ。1―1の五回1死一、二塁からアルモンテの二塁打などで4点を勝ち越し、5―3の八回2死満塁では大島が2点適時打を放った。DeNAの今永は …続き (18日 21:30)

8回を無失点で10勝目を挙げ、ファンの歓声に応える日本ハム・有原=共同

 リスク覚悟の積極采配で前日までの2試合を制した日本ハムの栗山監督が試合前に言い切った。「きょうは有原に任せる。あいつを信じていくしかない」。厚い信頼に26歳は「いつも以上に絶対負けない気持ちでいった …続き (17日 23:31)

史上最年少での通算150セーブを達成し、記念のボードを手にするDeNA・山崎(17日、横浜)=共同

 DeNAの山崎康晃投手が17日、横浜スタジアムで行われた広島15回戦で今季17セーブ目を挙げ、プロ野球史上15人目の通算150セーブを達成した。

 26歳9カ月での到達は永川勝浩(広島)の28歳7カ月 …続き (17日 22:41)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。