高校野球

大阪桐蔭、地方予選で敗退 夏の甲子園連覇なくなる

2019/7/26 14:36
保存
共有
印刷
その他

第101回全国高校野球選手権大会への出場を懸けた地方大会が26日、各地で行われ、大阪大会準々決勝で、大阪桐蔭が金光大阪にタイブレークの末、延長十四回3-4でサヨナラ負けし、夏の甲子園大会2連覇がなくなった。

大阪桐蔭は昨年の甲子園大会で春夏連覇を果たしたが、昨秋の近畿大会ではベスト8にとどまり、今春の選抜大会の出場を逃した。春夏ともに甲子園大会に出場しないのは2011年以来。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

 第50回明治神宮野球大会は15日に神宮球場で開幕する。第1日の高校の部1回戦、明徳義塾(四国)―星稜(北信越)は因縁のカードとして注目される。
 両校は1992年の夏の甲子園大会2回戦で対戦。後に巨人 …続き (14日 20:20)

 日本高野連は13日、大阪市内で来春の第92回選抜高校野球大会の臨時運営委員会を開き、選手の身体的な負担軽減を目的に、休養日を現行の1日から2日に増やすことを決めた。これまで準々決勝の翌日に設けていた …続き (13日 18:56)

「投手の障害予防に関する有識者会議」の第4回最終会合を終え、記者会見する座長の中島隆信氏(5日午後、大阪市)=共同

 日本高野連が設けた「投手の障害予防に関する有識者会議」の第4回最終会合が5日、大阪市内で開かれ「1人の1週間の総投球数を500球以内」とする投球数制限を盛り込んだ答申案をまとめて公表した。3連戦を回 …続き (5日 19:34)

ハイライト・スポーツ

[PR]