/

西武・辻監督「反省生かして」 秋季練習スタート

パ・リーグ3連覇を逃した西武は13日、埼玉県所沢市のメットライフドームに隣接するカーミニークフィールドで秋季練習を開始した。秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」に参加している若手と、一部のベテランを除く選手が打撃練習などで約2時間、汗を流した。辻発彦監督は「今年の反省を生かし、意味のある練習をしてほしい」と話した。

昨季までの2連覇は強力打線が原動力となったが、今季はチーム打率がリーグ5位の2割3分8厘と苦しんだ。辻監督は「いけいけでは点は取れない。一球でも多く投げさせる、四球を選ぶことも大事」と強打に頼らない攻撃の重要性を説いた。主将の源田壮亮内野手は「今年は野手がうまくいかなかった。来年こそ取り返さないと」と言葉に力を込めた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン