/

広島・長野、FA権行使せず残留

広島の長野久義外野手(34)が1日、マツダスタジアムで取材に応じ、海外フリーエージェント(FA)権を行使せず残留することを表明した。「(契約の)提示を受けた。(来季も広島でやりたい思いは)もちろん」と話した。鈴木清明球団本部長は「引き続きうちでやってくれる意思を持ってくれて、楽しみが増えた」と語った。

取材に応じ、海外FA権を行使せず残留することを表明した広島・長野(1日、マツダスタジアム)=共同

長野は福岡・筑陽学園高から日大、社会人のホンダを経て、ドラフト1位で巨人入りした2010年に新人王に輝き、11年に首位打者、12年には最多安打のタイトルを獲得。巨人に移籍した丸佳浩外野手の人的補償で広島に加入した今季は、プロ10年目で最少の72試合の出場にとどまった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン