スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

新横綱稀勢の里、明治神宮で奉納土俵入り

2017/1/27 16:43
保存
共有
印刷
その他

奉納土俵入りで雲竜型のせり上がりを披露する横綱稀勢の里=右(27日、東京・明治神宮)=石井理恵撮影

奉納土俵入りで雲竜型のせり上がりを披露する横綱稀勢の里=右(27日、東京・明治神宮)=石井理恵撮影

大相撲の第72代横綱に昇進した稀勢の里(30)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が27日、東京都渋谷区の明治神宮で、約1万8千人の大観衆の前で奉納土俵入りを行った。

3代目若乃花以来19年ぶりに日本出身の新横綱となった稀勢の里は、太刀持ちに小結高安、露払いに幕内松鳳山を従え、せり上がりで左手を脇腹に当てる雲竜型を披露。三つぞろいの化粧まわしは元横綱初代若乃花が使用したものを借りた。

土俵入りの前の横綱推挙式で、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)から推挙状と26日の「綱打ち」で作られた純白の横綱が手渡された。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

大関貴景勝=共同

 大相撲の2大関が28日、11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向けて報道陣の電話取材に応じた。貴景勝は小結だった2018年九州場所以来2年ぶりの賜杯獲得へ「毎場所優勝したい。それしか考えていない …続き (28日 19:46)

 大相撲で腰痛などを理由に2場所連続休場中の横綱鶴竜が27日、報道陣の電話取材に応じ、11月場所(11月8日初日・両国国技館)の出場可否を慎重に判断する意向を示した。「相撲を取ってみてだと思う。いつも …続き (27日 19:21)

オンラインで記者会見する新大関の正代(26日)=共同

 大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)の新番付が発表された26日、新大関の正代が東京都墨田区の時津風部屋からオンラインで記者会見し「いつもより緊張感がある。責任が今までと違う」と心境を語った …続き (26日 12:16)

ハイライト・スポーツ

[PR]