/

日本ハム近藤「もちろん出てみたい」 東京五輪

昨季パ・リーグ最高出塁率に輝いた日本ハムの近藤健介外野手が10日、鹿児島県天城町で練習を公開し、プロ9年目へ「やっぱりチームの成績が良くないと。そこに一番貢献できるようにしてタイトル(首位打者)が取れたら」と目標を掲げた。

ダッシュする日本ハムの近藤=右(10日、鹿児島県天城町)=共同

今季は東京五輪がある。「もちろん出てみたい気持ちはある。不規則な日程になるので今はしっかりと体をいじめて過ごしたい」と意欲を示した。

チームの後輩の平沼翔太内野手、浅間大基外野手らとダッシュや打撃練習などに取り組んだ。昨季は出塁率4割2分2厘を記録した一方で、打率は3割2厘にとどまり、本塁打も2本と物足りなさが残った。「ヒットのタイプだが、さすがに2本では。本塁打があった方が四球ももっと取れると思うし、レベルアップには必要」と課題を挙げた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン