スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

元関脇・豊ノ島が現役引退 年寄「井筒」を襲名

2020/4/17 14:46
保存
共有
印刷
その他

日本相撲協会は17日、小兵の技巧派で鳴らした元関脇豊ノ島(36)=本名梶原大樹、高知県出身、時津風部屋=の現役引退と年寄「井筒」襲名を発表した。今後は時津風部屋付きの親方として後進の指導に当たる。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)の新番付が発表された26日、新大関の正代が東京都墨田区の時津風部屋からオンラインで記者会見し「いつもより緊張感がある。責任が今までと違う」と心境を語った …続き (12:16)

 日本相撲協会は26日、福岡から東京へ会場を移して開催される大相撲11月場所(8日初日、両国国技館)の新番付を発表し、秋場所で初優勝した新大関の正代は東の2番目に就いた。先場所、西前頭筆頭で10勝を挙 …続き (6:00)

 大相撲の大関朝乃山は22日、東京都墨田区の高砂部屋で稽古し、報道陣の電話取材に応じた。幕下力士と15番ほど取ったといい「感覚は戻ってきた。26日には番付発表なので、気持ちも高めていく」と言葉に力を込 …続き (22日 20:18)

ハイライト・スポーツ

[PR]