/

マイナビ仙台が新エンブレム WEリーグ参戦、26選手と契約

9月に始まるサッカー女子プロ、WEリーグに参入するマイナビ仙台は5日、オンラインで記者会見を開き、水色を基調とした新たなエンブレムを発表した。

マイナビ仙台はJ1ベガルタ仙台の女子チームだったが、支援企業のマイナビが経営母体に変わり、主なクラブカラーが金から水色に。エンブレムには前身のベガルタの由来となった織り姫(ベガ)とひこ星(アルタイル)に、はくちょう座のデネブを加え、夏の大三角形を構成する三つの星が盛り込まれた。

粟井俊介社長は全26選手とプロ契約を結んだことも発表。「年俸1千万円が中央値になるような世界をつくっていかないと夢はない」と将来像を描いた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン