サッカー

サッカー日本代表、W杯予選へ出発 森保監督「甘く考えず」

2019/9/6 14:00
保存
共有
印刷
その他

サッカー日本代表は6日、2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選初戦のミャンマー戦が行われるヤンゴンに向け、成田空港から出発した。5日には予選前最後の親善試合でパラグアイに2-0で快勝して弾みをつけたが、森保監督は「甘く考えるつもりはない。どれだけいい準備ができるか」と気を引き締めた。

アジア予選のアウェー戦は不測の事態が重なる懸念が拭えず、この日も予定通りに到着できない可能性があるという。同監督は「想定外のことが起きた時にも、自分たちの力をしっかり発揮できるようにしたい」と警戒心を強めた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

J2水戸が示した新スタジアムのイメージ((C)MITO HOLLYHOCK)

 サッカーJ2水戸ホーリーホックの沼田邦郎社長は22日、水戸市内に5年後をメドに専用スタジアムを建設する構想を発表した。建設に必要という約100億円が調達できる見通しは立っていないといい、今後、企業な …続き (18:35)

 ビーチサッカーのワールドカップ(W杯)パラグアイ大会は21日、アスンシオンで行われ、1次リーグA組の日本は開催国のパラグアイに5―4で競り勝ち、白星発進した。
 1次リーグは16チームが4組に分かれ、 …続き (12:43)

記者会見するフィテッセの本田圭佑(21日、アーネム)=共同

 【アーネム(オランダ)=共同】サッカーのオランダ1部リーグのフィテッセに加入した元日本代表の本田圭佑が21日、アーネムのクラブハウスで記者会見し「新しい挑戦を楽しみにしている。若い選手より経験がある …続き (21日 23:29)

ハイライト・スポーツ

[PR]