その他スポーツ

東京五輪、重量挙げ7階級が決定 女子最軽量は49キロ級に

2018/7/6 15:49
保存
共有
印刷
その他

国際重量挙げ連盟(IWF)は5日、タシケントで理事会を開き、2020年東京五輪で実施する男女各7階級を決めた。女子の三宅宏実(いちご)が2大会連続でメダルを獲得した48キロ級を含めて16年リオデジャネイロ大会の男子8階級、女子7階級の体重区分から全て変更され、女子の最軽量は49キロ級となった。

女子は他に55キロ級、59キロ級、64キロ級、76キロ級、87キロ級、87キロ超級となる。男子は、昨年の世界選手権で糸数陽一(警視庁)が2位となった62キロ級より1キロ減の61キロ級が最軽量。その他は67キロ級、73キロ級、81キロ級、96キロ級、109キロ級、109キロ超級となった。

理事会では世界選手権などで実施する従来の男女各8階級を、10階級に増やした。五輪実施階級は、この中から七つずつを選択した。

重量挙げは相次ぐドーピング違反で東京五輪の出場枠を大幅に削減され、男子は階級が一つ減っていた。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 日本陸連は3日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、6月25~28日に開催予定だった日本選手権(大阪市)と、同13~14日の日本選手権混成競技(長野市)を秋に延期すると発表した。9月下旬から10 …続き (3日 21:38)

 日本陸連は3日の強化委員会でマラソン、競歩の東京五輪代表に決まっている男女12人の代表権を維持する方針を確認した。男子20キロ競歩は選考会を全て終えており、麻場一徳強化委員長はその結果で最後の1枠を …続き (3日 21:28)

広瀬隆喜=共同

 日本ボッチャ協会は3日、1年延期となった東京パラリンピック代表に既に内定している4選手の資格を維持すると発表した。ボッチャでは重度障害がある選手の疾患が進行する不安も指摘されるが、村上光輝強化指導部 …続き (3日 18:59)

ハイライト・スポーツ

[PR]