/

白鵬休場、右膝が悪化 7月場所は横綱不在に

大相撲の東横綱白鵬(35)=本名白鵬翔、モンゴル出身、宮城野部屋=が7月場所13日目の31日、日本相撲協会に「右膝半月板損傷、膝蓋(しつがい)大腿靱帯損傷、関節内血症で今後約2週間の加療を要する見込み」との診断書を提出し、休場した。

横綱白鵬=共同

師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)によると、4日目の平幕隆の勝戦で古傷のある右膝を痛めた。痛み止めの注射を打つなど治療しながら出場を続けたが、12日目に関脇御嶽海に突き落とされて2敗目を喫した際に悪化させた。白鵬は部屋関係者を通じて「今はただ一日も早く土俵に戻れるよう、新しいけがと自分の体に向き合い、治療致します」とコメントした。

鶴竜が2日目から休んでおり、1月の初場所以来の横綱不在となった。大関貴景勝は12日目から休場で、2横綱2大関のうち出場は新大関朝乃山だけとなり、大関以上の力士同士の対戦はなくなった。

白鵬の休場は初場所以来で15度目。13日目の対戦相手、関脇正代は不戦勝。宮城野親方は「痛みをこらえながらやっていた。本人も残念がっていた」と話した。

3月の春場所に続いて45度目の優勝を狙った白鵬は初日から10連勝した後、11日目から2連敗した。今場所の十両以上の休場は、外出して数人との会食が発覚した平幕阿炎らを含めて5人目。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン