/

大谷、次回登板は13日以降 監督が右手まめを考慮

【ダンイーデン(米フロリダ州)=共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平の次回登板は最短でも12日(日本時間13日)の敵地カンザスシティーでのロイヤルズ戦となった。マドン監督が8日、フロリダ州ダンイーデンでのブルージェイズ戦後に明らかにした。オープン戦最後の登板でつぶれた右手中指のまめの状態を考慮しているという。

大谷は4日にメジャー自身初の投打同時出場を果たした。一回に先制ソロを放ち、四回まで無失点と好投したが、五回の守備で走者と交錯後に降板した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン