/

セリーナが2年連続決勝へ 全米テニス、カナダ新鋭と

【ニューヨーク=共同】テニスの全米オープン第11日は5日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、女子シングルス準決勝で四大大会23度優勝を誇る第8シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)と第15シードのビアンカ・アンドレースク(カナダ)が勝ち、7日(日本時間8日)の決勝で対戦することになった。

女子シングルスで決勝進出を決め、観客に手を振るセリーナ・ウィリアムズ(5日、ニューヨーク)=共同

37歳のS・ウィリアムズは第5シードのエリナ・スビトリナ(ウクライナ)を6-3、6-1で下し、2年連続で決勝に進出した。全米でシングルス通算101勝目となり、最多のクリス・エバート(米国)に並んだ。

19歳で初出場したアンドレースクは第13シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)を7-6、7-5で破り、カナダ勢としては同種目初の決勝進出を果たした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン