/

幕内・千代の国、肋骨骨折などで休場 大相撲春場所

(更新)

大相撲の東前頭9枚目の千代の国(30)=本名沢田憲輝、三重県出身、九重部屋=が春場所13日目の26日、日本相撲協会に「右母指脱臼、左肋骨骨折で約2週間の加療を要する見込み」との診断書を提出して休場した。場所中に負傷したという。12日目の妙義龍戦で勝ち越しを決めていた。

千代の国の休場は新型コロナウイルスの影響で九重部屋の力士全員が全休した初場所に続いて21度目。13日目の対戦相手、剣翔は不戦勝。今場所の十両以上の休場者は白鵬、鶴竜(引退)の両横綱らに続いて6人目(再出場者を含む)。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン