2018年10月23日(火)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

稀勢の里が稽古納め 激動の1年総括「また優勝を」

2017/12/29 21:59
保存
共有
印刷
その他

大相撲の横綱稀勢の里が29日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で今年の稽古納めを行い「いい勉強、いい修行をさせていただいた。いい1年だったと思う」と、昇進を果たした後で負傷に苦しんだ激動の2017年を総括した。

今年最後の稽古は気合が入っていた。2日続けて大関高安と30番。最近の幕内力士では多い番数で、左四つでの寄りや体を丸めた突き、押しから26勝4敗と圧倒した。

「体の調子が良くなっている。稽古をしてくれる相手がいなければ成立しない」と弟弟子に感謝。仕上げのぶつかり稽古でも胸を借り、10分以上も転がされた。荒い息づかいで全身は砂だらけとなり「また昔を思い出してね」と充実感に浸る。

密度の濃い1年だった。1月の初場所で初優勝と同時に綱とりも成就。3月の春場所は終盤に左上腕などを痛めながら強行出場し、奇跡の逆転優勝を遂げた。だが翌場所から4場所連続休場中で、初場所(来年1月14日初日・両国国技館)以降の成績次第では進退が問われる。

ただ一人の日本出身横綱は絶大な人気を誇り、元気な姿を待ちわびるファンも多い。「また優勝を目指す。このけがが良かったねと思えるように、来年もいい年にしたい」。逆境に立つ男は復活を信じ、新春を迎える。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 18日に右膝の骨片を摘出する内視鏡手術を受けた大相撲の横綱白鵬が20日、東京都内の病院を退院した。松葉づえをついて歩く状態で、患部を気にしながら車に乗り込んだ。九州場所(11月11日初日・福岡国際セ …続き (20日 16:43)

 18日に右膝の骨片摘出の内視鏡手術を受けた大相撲の横綱白鵬が、四股などの基本運動を再開するのは九州場所(11月11日初日・福岡国際センター)の新番付が発表される29日以降の見込みとなった。師匠の宮城 …続き (19日 16:56)

秋巡業に臨んだ関脇御嶽海(18日、大阪府池田市)=共同

 大相撲の秋巡業は18日、大阪府池田市で行われ、秋場所で9勝にとどまり、場所後の大関昇進を逃した関脇御嶽海は、2日続けて横綱稀勢の里と稽古で相撲を取った。横綱から連日の指名に「本当にいい稽古。いい胸を …続き (18日 16:48)

ハイライト・スポーツ

[PR]