2018年7月18日(水)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

稀勢の里が稽古納め 激動の1年総括「また優勝を」

2017/12/29 21:59
保存
共有
印刷
その他

 大相撲の横綱稀勢の里が29日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で今年の稽古納めを行い「いい勉強、いい修行をさせていただいた。いい1年だったと思う」と、昇進を果たした後で負傷に苦しんだ激動の2017年を総括した。

 今年最後の稽古は気合が入っていた。2日続けて大関高安と30番。最近の幕内力士では多い番数で、左四つでの寄りや体を丸めた突き、押しから26勝4敗と圧倒した。

 「体の調子が良くなっている。稽古をしてくれる相手がいなければ成立しない」と弟弟子に感謝。仕上げのぶつかり稽古でも胸を借り、10分以上も転がされた。荒い息づかいで全身は砂だらけとなり「また昔を思い出してね」と充実感に浸る。

 密度の濃い1年だった。1月の初場所で初優勝と同時に綱とりも成就。3月の春場所は終盤に左上腕などを痛めながら強行出場し、奇跡の逆転優勝を遂げた。だが翌場所から4場所連続休場中で、初場所(来年1月14日初日・両国国技館)以降の成績次第では進退が問われる。

 ただ一人の日本出身横綱は絶大な人気を誇り、元気な姿を待ちわびるファンも多い。「また優勝を目指す。このけがが良かったねと思えるように、来年もいい年にしたい」。逆境に立つ男は復活を信じ、新春を迎える。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

相撲 一覧

初日から10連勝とし、懸賞を手にする御嶽海(17日、ドルフィンズアリーナ)=共同

 大相撲名古屋場所10日目(17日・ドルフィンズアリーナ)関脇御嶽海は平幕の輝を勢いよく寄り切り、初日からの10連勝で単独首位をキープした。ただ一人1敗だった平幕朝乃山が敗れたため、後続とは2差がつい …続き (17日 19:27)

(東) (西)
竜電0―0阿武
碧山2―2荒鷲
朝山4―1錦木
千丸0―0明生
佐海0―1豊山
妙義0―1北富
千翔2―3石浦
隠岐5―2大栄
宝富0―0琴恵
栃煌2―4千大
旭大1―0嘉風
遠藤0―0貴景
阿炎1―1輝 
正代 …続き (17日 18:12)

【東】
鶴竜    3勝3敗4休
稀勢の里  休場
豪栄道   7勝3敗
逸ノ城   4勝6敗
玉鷲    6勝4敗
正代    2勝8敗
勢     5勝5敗
阿炎    2勝8敗
魁聖    7勝3敗
大翔丸   3 …続き (17日 18:11)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

[PR]