2018年1月24日(水)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

稀勢の里が稽古納め 激動の1年総括「また優勝を」

2017/12/29 21:59
保存
共有
印刷
その他

 大相撲の横綱稀勢の里が29日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で今年の稽古納めを行い「いい勉強、いい修行をさせていただいた。いい1年だったと思う」と、昇進を果たした後で負傷に苦しんだ激動の2017年を総括した。

稽古納めで高安(右)と組み合う稀勢の里(29日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋)=共同

稽古納めで高安(右)と組み合う稀勢の里(29日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋)=共同

 今年最後の稽古は気合が入っていた。2日続けて大関高安と30番。最近の幕内力士では多い番数で、左四つでの寄りや体を丸めた突き、押しから26勝4敗と圧倒した。

 「体の調子が良くなっている。稽古をしてくれる相手がいなければ成立しない」と弟弟子に感謝。仕上げのぶつかり稽古でも胸を借り、10分以上も転がされた。荒い息づかいで全身は砂だらけとなり「また昔を思い出してね」と充実感に浸る。

 密度の濃い1年だった。1月の初場所で初優勝と同時に綱とりも成就。3月の春場所は終盤に左上腕などを痛めながら強行出場し、奇跡の逆転優勝を遂げた。だが翌場所から4場所連続休場中で、初場所(来年1月14日初日・両国国技館)以降の成績次第では進退が問われる。

 ただ一人の日本出身横綱は絶大な人気を誇り、元気な姿を待ちわびるファンも多い。「また優勝を目指す。このけがが良かったねと思えるように、来年もいい年にしたい」。逆境に立つ男は復活を信じ、新春を迎える。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワード

相撲 一覧

鶴竜(右)が送り出しで隠岐の海を破る=共同

 今場所の鶴竜は隙がない。速さとうまさが相まって盤石の強さを生んでいる。
 地力のある隠岐の海に対し、低く鋭い踏み込みからすぐに右前みつを引いた。寄りで起こしてすかさず出し投げ。泳いだ相手の背後を取り、 …続き (23日 23:30)

鶴竜(左)が送り出しで隠岐の海を下す(23日、両国国技館)=共同

 大相撲初場所10日目(23日・両国国技館)横綱鶴竜は平幕隠岐の海を送り出し、10戦全勝で単独首位を堅持した。栃ノ心は琴奨菊を寄り切り、ただ一人の1敗をキープ。
 大関陣は高安が関脇玉鷲を押し出して7勝 …続き (23日 19:06)

(東) (西)
碧山X―X錦木
竜電0―0大栄
蒼国0―0朝山
琴勇5―0輝 
大奄0―1安美
照富0―0石浦
豊山2―0魁聖
栃煌0―0阿炎
豪風4―3千国
千翔3―1大丸
松鳳2―7勢 
千丸0―3遠藤
宝富7―7栃心
千大 …続き (23日 18:08)

ハイライト・スポーツ

[PR]