スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

元幕内・荒鷲が引退 粘り強さ武器に金星3つ

2020/1/24 14:45
保存
共有
印刷
その他

荒鷲=共同

荒鷲=共同

日本相撲協会は大相撲初場所13日目の24日、元幕内で西幕下48枚目の荒鷲(33)=本名エレヘバヤル・ドゥルゴーン、モンゴル出身、峰崎部屋=の現役引退を発表した。

荒鷲は2002年九州場所で荒磯部屋から初土俵を踏んだ。その後花籠部屋を経て12年に峰崎部屋に転籍し、14年夏場所で新入幕。17年初場所で白鵬と鶴竜を破るなど、金星は計三つ。粘り強い四つ相撲を武器に幕内在位は21場所で、最高位は東前頭2枚目だった。

左膝のけがなどで番付を下げ、19年秋場所で幕下に転落。同年九州場所から全休を続けていた。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、元幕内の幕下蒼国来(36)=本名エンクー・トプシン、中国出身=が同日付で引退し、年寄「荒汐」を襲名して部屋を継承することを承認した。
 相撲協会に …続き (26日 21:15)

 日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響が懸念される夏場所(5月10日初日・国技館)の開催形式について話し合い、継続審議とした。
 春場所と同様の無観客や …続き (26日 21:11)

春場所3日目、すくい投げで志摩ノ海(手前)を破る琴ノ若

 祖父は「猛牛」と呼ばれた元横綱琴桜(故人)、父は師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)。そんな相撲一家で育った22歳の新入幕、琴ノ若が春場所で存在感を発揮した。幕尻の前頭18枚目で9勝6敗と勝ち越し。鍛 …続き (26日 10:01)

ハイライト・スポーツ

[PR]