/

ラグビー新リーグ、1部は12チーム 22年1月開幕へ

日本ラグビー協会は15日、トップリーグ(TL)を刷新して来年1月の開幕を目指す新リーグの概要を発表し、最上位の1部は12チーム構成となった。現在16チームのTLから4チーム減ることになる。

新リーグは3部制で、TL全16チームと下部のトップチャレンジリーグ全9チームの計25チームが参加。2部は7チーム、3部は6チームで構成する。

1部は12チームを2組に分け、同じ組は総当たりで2試合ずつ対戦。別の組のチームとも1試合ずつを行う。チームの振り分けは本拠地の地域、スタジアムなどの内容を審査した評価に加え、新型コロナウイルス禍で開幕が延期された今季のTLの成績も反映される。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン