スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

照ノ富士が休場 大相撲秋場所、左膝関節症のため

2020/9/25 13:01
保存
共有
印刷
その他

大相撲の元大関で東前頭筆頭の照ノ富士(28)=本名ガントルガ・ガンエルデネ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が秋場所13日目の25日、日本相撲協会に「左変形性膝関節症で3週間の安静加療を要する見込み」との診断書を提出して休場した。11日目に勝ち越しを決めて三役復帰を確実にしたが、12日目は阿武咲に寄り倒され、8勝4敗だった。

先場所で幕尻優勝した照ノ富士の休場は、三段目だった昨年初場所以来11度目。13日目の対戦相手、若隆景は不戦勝。

東前頭11枚目の千代大龍(31)=本名明月院秀政、東京都出身、九重部屋=は「左腓腹筋筋膜炎、右足関節症で約3週間加療を必要とする見込み」との診断書を出して休場した。12日目までに6連敗し、5勝7敗だった。休場は2015年名古屋場所以来7度目。13日目に対戦が組まれていた徳勝龍は不戦勝。

今場所の十両以上の休場者は白鵬、鶴竜の両横綱や再出場した琴奨菊らを含め13人となった。13人の休場は、野球賭博関与の謹慎を含めて14人が休んだ10年名古屋場所以来の多さ。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 日本相撲協会は19日、東京都墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き、大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)は定員の半分ほどに当たる上限約5千人の観客を入れて実施することを決めた。新型コロナウイ …続き (19日 22:15)

両国国技館内の相撲教習所で稽古する正代(右)と貴景勝(17日)=共同

 大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向けた合同稽古2日目が17日、国技館内の相撲教習所で実施され、貴景勝と正代の両大関が2日連続で三番稽古(同じ相手と続けて取る)を行い、熱のこもった攻防 …続き (17日 16:51)

合同稽古に参加した白鵬(左)と正代(16日、両国国技館の相撲教習所)=共同

 大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向け、出稽古希望者を対象とした異例の合同稽古が16日、国技館内の相撲教習所で始まり、横綱白鵬や新大関正代、大関貴景勝ら9人の関取が参加した。新型コロナ …続き (16日 16:53)

ハイライト・スポーツ

[PR]