/

豪五輪委、選手派遣を表明 カナダは安全な開催に自信

オーストラリア・オリンピック委員会(AOC)は22日、新型コロナウイルスの影響で開催に懐疑論も出ている今夏の東京五輪に、予定通り選手団を派遣する意向を表明した。選手、関係者の安全な渡航や競技実施に向け「計画を続行する」との声明を出した。

同国北東部のクイーンズランド州を会場として検討している2032年夏季五輪招致についても、引き続き活動を続ける考えを示した。

カナダ・オリンピック委員会(COC)のシューメーカー最高経営責任者(CEO)はツイッターで英紙タイムズ(電子版)の報道を受け「われわれは報道されているような何らかの決断が日本政府によってなされたとは認識していない。カナダ五輪委は大会の安全な開催が可能と自信を持っている」と声明を出した。

米国オリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)も「五輪が計画通りに開催されないことを示す、いかなる情報にも接していない」とした。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン