/

ボート軽量級ダブルスカル、宮浦・武田組が金

アジア大会

男子軽量級ダブルスカル決勝 ゴール後に喜ぶ宮浦(右)、武田組(24日、パレンバン)=共同

ジャカルタ・アジア大会第7日(24日)ボートの男子軽量級ダブルスカルで宮浦真之(中大)と武田匡弘(関西電力美浜)の日本が勝ち、この競技で今大会初の金メダルを獲得した。

最終日を迎えた競泳で、池江璃花子(ルネサンス)が女子50メートル自由形の予選を全体のトップで通過した。夜の決勝で日本選手の1大会最多金メダル数を更新する6冠を目指す。同200メートル個人メドレーでは400メートルに続く優勝を狙う大橋悠依(イトマン東進)が全体の1位で予選を泳いだ。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン