その他スポーツ

渡辺雄太ら、NBA再開後も帯同可 ツーウエー契約選手

2020/6/12 13:01
保存
共有
印刷
その他

【ロサンゼルス=共同】7月末から22チームで再開される米プロバスケットボールNBAで、各チームがツーウエー契約を含む17選手を帯同できるようになると11日、スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。グリズリーズと同契約を結ぶ渡辺雄太がコートに立つ可能性が膨らむ形となる。

NBAは通常、各チーム1試合最大15選手を登録し、13人が出場できる。新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月中旬から中断していたリーグ戦はフロリダ州での集中開催で再開されるが、米メディアによると選手は新型コロナの検査が毎日義務付けられ、陽性反応を示すと最低7日間隔離されるため、その場合の代替選手の確保が懸案の一つとなっていた。

再開後、グリズリーズや八村塁のウィザーズはプレーオフ進出を懸けて、まず8試合を戦う。

保存
共有
印刷
その他

バスケットのコラム

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 日本トライアスロン連合は7日、ことしの日本選手権を予定通り11月8日に東京五輪会場のお台場海浜公園周辺で開催すると発表した。同日にオンラインで開いた臨時理事会で決定した。
 新型コロナウイルス感染防止 …続き (22:42)

 東都大学野球連盟は7日、東京都内で理事会を開き、秋季1部リーグ戦は神宮球場で早くても9月15日の開幕になることを確認した。加盟21校のうち新型コロナウイルスの影響で全体練習を再開できていない大学が多 …続き (21:04)

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、30代の女性職員1人が新型コロナウイルスの検査で陽性になったと発表した。職員の感染が判明したのは2例目。組織委によると、ほかの職員を含めて数人の濃厚接触者が …続き (20:06)

ハイライト・スポーツ

[PR]