/

スノボ平野歩夢、FIS公認大会で優勝 平昌五輪以来の出場

平野歩夢=共同

スノーボードの男子ハーフパイプで、2018年平昌冬季五輪で2大会連続の銀メダルに輝いた平野歩夢(木下グループ)が25日、米コロラド州アスペンで行われたワールドカップ(W杯)下部ツアーのハーフパイプで優勝した。スケートボードで東京五輪出場を目指している平野歩が国際スキー連盟(FIS)公認大会に出場するのは平昌五輪以来。

平野歩は92.75の高得点をマークし、84.50点だった2位の米国選手に大差をつけた。地元メディアによると、1月末の冬季Xゲームにも出場予定だったが辞退していた。3月中旬に米コロラド州アスペンで開催される世界選手権の日本代表には選出されていない。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン