/

全日本卓球、前回4強の戸上ら棄権 コロナ濃厚接触疑いで

卓球の全日本選手権の大会事務局は15日、男子シングルスで前回大会4強の戸上隼輔ら明大の3選手が新型コロナウイルス感染防止に関する規定で棄権すると発表した。他の明大選手1人が発熱の症状を訴え、戸上ら3人に濃厚接触の疑いがあると判断された。

戸上は同日の男子シングルス4回戦から出場予定だった。チームメートで前回優勝の宇田幸矢ら他の3選手は行動が別だったため出場を続ける。

同選手権は大阪市で、感染拡大防止のため無観客で実施されている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン