/

阪神・浜地がコロナ陽性 2軍戦中止、1軍全員が検査実施

プロ野球阪神は25日、2軍の浜地真澄投手(22)が新型コロナウイルスの感染を調べる検査で陽性と判定されたと発表した。浜地投手は21日に出場選手登録を外れるまで1軍に同行しており、1軍の監督、コーチ、選手ら全員のPCR検査を実施し、結果は25日昼ごろに判明する予定。その結果を踏まえて日本野球機構(NPB)などと協議し、同日のヤクルト戦(神宮)の開催可否を決定する。

ナゴヤ球場で25日に行われる予定だったウエスタン・リーグの中日戦は中止となった。名古屋に遠征している2軍の監督や選手、チームスタッフら40人は24日夜にPCR検査を受け、全員陰性と判定された。兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で練習している残りの選手らもPCR検査を受ける。濃厚接触者が特定されるまで、2軍関係者はホテルや自宅で待機する。

浜地投手は24日に軽度の頭痛や倦怠(けんたい)感を球団に申告した。その日の夕方に西宮市内の病院で検査を受け、夜に陽性と判定された。現在は同市内の寮の自室で隔離されている。

浜地投手は11日に今季2度目の1軍昇格を果たし、19日の中日戦で救援登板し、1回無失点だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン