2018年2月24日(土)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

宇良、3カ月の加療必要 相撲協会が診断書公表

2017/11/10 12:52
保存
共有
印刷
その他

 日本相撲協会は10日、九州場所を休場する東前頭16枚目の宇良(25)=本名宇良和輝、大阪府出身、木瀬部屋=の診断書を公表し「右膝前十字靱帯損傷、左膝半月板損傷で手術的治療及びリハビリ治療を含め約3カ月の休業加療を必要とする」との内容だった。

 7月の名古屋場所で右膝を痛め、9月の秋場所を途中休場。さらに左膝も負傷した。途中出場して勝ち越さなければ、来場所は十両転落が確実。

 元小結の東十両11枚目の千代鳳(25)=本名木下祐樹、鹿児島県出身、九重部屋=は10月30日付の「右肩脱臼、左膝前十字靱帯損傷で約1カ月間の加療を要する見込み」との診断書を提出した。ともに秋場所後に手術を行った。全休するため、幕下転落が決定的。師匠の九重親方(元大関千代大海)は「若いし、まだまだこれから。しっかり治すことだ」と話した。

 既に診断名が公になっていた西横綱鶴竜(32)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=は「腰部挫傷、右足根骨剥離骨折後により約3週間の治療を要する見込み」との診断書を提出した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

現役続行を明言した豪風(19日、東京都江東区の高田川部屋)=共同

 大相撲春場所(3月11日初日・エディオンアリーナ大阪)で十両転落が濃厚な38歳の幕内豪風が19日、現役続行を明言した。「心が動きだした。また頑張るということはできても、また現役復帰というのはできない …続き (19日 18:10)

部屋開きを終え、看板の前でポーズをとる東関親方と真充夫人(18日、東京都葛飾区)=共同

 東京都墨田区から葛飾区に移転した大相撲の東関部屋の部屋開きが18日に行われ、同じ高砂一門の八角理事長(元横綱北勝海)らが出席した。土俵祭り後には幕内北勝富士ら一門の関取衆も参加した稽古で新たな門出を …続き (18日 18:34)

春日野親方(右)から優勝トロフィーを受け取る栃ノ心(11日、両国国技館)=共同

 大相撲のトーナメント大会は11日、東京・両国国技館で行われ、1月の初場所で6年ぶりの平幕優勝を遂げたジョージア出身の栃ノ心が初制覇した。決勝で関脇玉鷲を力強く寄り切り、賞金250万円などを獲得した。 …続き (11日 19:05)

ハイライト・スポーツ

平昌五輪特設ページ

[PR]