2017年11月23日(木)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

宇良、3カ月の加療必要 相撲協会が診断書公表

2017/11/10 12:52
保存
共有
印刷
その他

 日本相撲協会は10日、九州場所を休場する東前頭16枚目の宇良(25)=本名宇良和輝、大阪府出身、木瀬部屋=の診断書を公表し「右膝前十字靱帯損傷、左膝半月板損傷で手術的治療及びリハビリ治療を含め約3カ月の休業加療を必要とする」との内容だった。

 7月の名古屋場所で右膝を痛め、9月の秋場所を途中休場。さらに左膝も負傷した。途中出場して勝ち越さなければ、来場所は十両転落が確実。

 元小結の東十両11枚目の千代鳳(25)=本名木下祐樹、鹿児島県出身、九重部屋=は10月30日付の「右肩脱臼、左膝前十字靱帯損傷で約1カ月間の加療を要する見込み」との診断書を提出した。ともに秋場所後に手術を行った。全休するため、幕下転落が決定的。師匠の九重親方(元大関千代大海)は「若いし、まだまだこれから。しっかり治すことだ」と話した。

 既に診断名が公になっていた西横綱鶴竜(32)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=は「腰部挫傷、右足根骨剥離骨折後により約3週間の治療を要する見込み」との診断書を提出した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

宇良和輝千代鳳鶴竜九重親方千代大海日本相撲協会

相撲 一覧

 3横綱が休場、大関陣も早々と脱落した賜杯レースで八角部屋の平幕2人が白鵬をぴたりと追走。土俵の興味と緊張感をつないでいる。
 まずは前頭12枚目の32歳・隠岐の海。安美錦とのベテラン対決を制して2敗を …続き (23:00)

白鵬(右)が寄り切りで御嶽海を下す(23日、福岡国際センター)=共同

 大相撲九州場所12日目(23日・福岡国際センター)横綱白鵬は関脇御嶽海を一方的に寄り切り、1敗で単独首位を堅持した。白鵬を追う平幕2人は1差を保った。北勝富士が大関高安を引き落とし、隠岐の海は安美錦 …続き (18:48)

(東) (西)
碧山0―0大奄
安美3―9勢 
魁聖0―1朝山
妙義1―1大栄
錦木2―0千丸
琴勇1―1正代
大丸3―4豪風
隠岐4―5栃心
千翔4―0輝 
千大2―2荒鷲
栃煌1―3貴景
玉鷲5―6遠藤
松鳳1―0阿武
琴奨 …続き (18:10)

ハイライト・スポーツ

[PR]