/

小川がヤクルト残留 「スワローズで日本一目指す」

(更新)

ヤクルトから国内フリーエージェント(FA)権を行使した小川泰弘投手(30)が25日、東京都内の球団事務所で4年総額7億5千万円の契約を結び、残留が決まった。「慣れ親しんだスワローズで優勝を目指して戦うことに決めた。一つでも多く勝ち、Aクラス、そして優勝に貢献できるように全力で戦う」と決意を語った。

ヤクルト残留が決まり、取材に応じる小川泰弘投手(25日、東京都内の球団事務所)=代表撮影・共同

シーズン中に今季の年俸9千万円から大幅増となる大型契約を提示されたが「パ・リーグに変えて戦いたい気持ちに動いた瞬間もあった」と明かす。それでも「苦楽を共にした仲間と、もう一度、日本一になって喜び合いたい気持ちが強くなった」と残留を決断した理由を説明した。

小川はプロ8年目の今季、8月15日のDeNA戦で初の無安打無得点試合を達成するなど20試合に登板して10勝8敗、防御率4.61だった。通算では181試合で75勝59敗、防御率3.63。

ヤクルトは今季、複数の主力選手が国内FA権を取得。流出による戦力ダウンが危ぶまれていたが、山田哲人内野手と石山泰稚投手はFA宣言をせず、チームで1人だけFA権を行使した小川の残留も決まった。(金額は推定)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン