/

桃田、五輪延期「正直動揺した」 右目は順調に回復

バドミントン男子シングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)が26日、オンラインで取材に応じ、出場を確実にしている東京五輪が1年延期されたことについて「正直、動揺した部分はあったが、取り組む姿勢は変わらず頑張ってこられていると思う」と率直に述べた。

26日、オンラインでの取材に応じるバドミントン男子の桃田賢斗=共同

桃田は1月に遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれて負傷。眼窩底骨折で手術を受けた右目も順調に回復し「感覚的にはゲーム練習が普通にできるくらいまでのレベルには戻ってきていると思う」と説明した。

新型コロナウイルスの影響もあり、現在は制限付きの練習となっているが「改めて自分を見つめ直せた。少しでも自分の短所を消せるように取り組めている」と前向きに捉えた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン