/

バド桃田「勝負の1年」 東京五輪「金」へ意気込み

バドミントン男子シングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)が1日、東京五輪を夏に控える新年を迎え「本当に勝負の1年になる。開催されれば五輪はたくさんの方が見てくれる。金メダル目指して頑張りたい」と、マネジメント会社を通じて談話を発表した。

新年の目標を記した絵馬を手にするバドミントン男子の桃田賢斗(1日、東京都内)=共同

昨年1月に遠征先で交通事故に巻き込まれて負傷し、12月下旬の全日本総合選手権で実戦復帰。3連覇を達成したが試合勘やスピード面で物足りなさを感じたという。12日からは約1年ぶりの国際大会となるタイ・オープンに出場予定。「日本のエースとして出場できるので堂々とプレーしたい。内容をしっかり意識したい」と意気込んだ。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン