プロ野球

菊池涼、広島残留「本当に悩んだ」 大リーグ移籍実現せず

2019/12/27 12:00
保存
共有
印刷
その他

ポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指していたプロ野球広島の菊池涼介内野手(29)が27日、広島市のマツダスタジアムで記者会見し、広島に残留することを表明した。「市場の動きが遅いこともあり、この状況が続くのであれば球団に早く残ると伝えた方がいいと決断に至った。本当に悩んだ」と話した。

記者会見する広島の菊池涼(27日、マツダスタジアム)=共同

記者会見する広島の菊池涼(27日、マツダスタジアム)=共同

米東部時間の来年1月2日午後5時(日本時間3日午前7時)が交渉期限だった。広島は移籍が実現しなかった場合は、来季の契約を結ぶ方針を示していた。

菊池涼は長野・武蔵工大二高(現東京都市大塩尻高)から中京学院大を経て、2012年にドラフト2位で広島入団。7年連続でゴールデングラブ賞に輝いた好守の二塁手で、16~18年のセ・リーグ3連覇を支えた。今季は138試合に出場し打率2割6分1厘、13本塁打、48打点、14盗塁。日本代表として国際大会「第2回プレミア12」の初優勝にも貢献した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

日本シリーズを制覇し万歳するソフトバンクナイン=沢井慎也撮影

 いまや日本シリーズはソフトバンクのためにあるのか。まさに無敵。更新を続けるシリーズ連勝記録を12に伸ばし、4連覇を果たした。

 初回、先発の和田が先取点を許した。今シリーズ初めて追いかける展開になった …続き (25日 23:28)

九回、無得点に終わり肩を落とす巨人ベンチ

 巨人は今シリーズ初の先取点を生かせず、打線の底力の差を見せつけられて逆転負け。昨年に続き、ソフトバンクに一矢も報いることができずに戦いを終えた。

 打線を組み替えた原監督の策が初回に的中した。1番で今 …続き (25日 23:21)

日本シリーズを制覇し喜ぶソフトバンクナイン

 SMBC日本シリーズ2020は25日、ペイペイドームで第4戦が行われ、ソフトバンクが巨人に4―1で勝ち、4連勝として球団史上初の4年連続で11度目(南海、ダイエー時代を含む)のシリーズ制覇を果たした …続き (25日 22:14)

ハイライト・スポーツ

[PR]