その他スポーツ

クライミング世界選手権代表に楢崎智ら

2018/8/10 12:23
保存
共有
印刷
その他

日本山岳・スポーツクライミング協会は10日までに、世界選手権(9月・インスブルック)の日本代表を発表し、男子は前回2016年大会のボルダリングを制した楢崎智亜や藤井快(以上TEAM au)、杉本怜(北海道連盟)らが名を連ねた。

女子はボルダリングで前回2位の野中生萌や3位の野口啓代、16歳の伊藤ふたば(いずれもTEAM au)らが代表入りした。今季の国際大会の結果などから選んだ。

世界選手権はスピード、ボルダリング、リードの各種目に加え、20年東京五輪で実施される複合も行われる。日本協会は金を含む複数のメダルを目標に掲げている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 スケートボードの国際統括団体、ワールドスケートは12日、オンラインで東京五輪予選に関する会議を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ストリート、パークともに今年は世界選手権を開催しない方針を固め …続き (9:45)

 【モスクワ=共同】ロシア陸連は12日、世界陸連から科されていた罰金など631万ドル(約6億7500万円)を支払ったと発表した。世界陸連は組織的なドーピング問題を抱えるロシア陸連が15日までに罰金を支 …続き (0:24)

 防府読売マラソンの大会事務局は12日、今年の大会を予定通り12月20日に山口県防府市のコースで開催すると発表した。新型コロナウイルス感染防止のため、参加人数を昨年の約3500人から400人ほどに減ら …続き (12日 19:31)

ハイライト・スポーツ

[PR]