/

車いすテニス、国枝・斎田組が銅 競泳・木村も銅

車いすテニス男子ダブルス3位決定戦で三木・真田組に勝った国枝・斎田組=寺沢将幸撮影

リオデジャネイロ・パラリンピック第9日(15日)車いすテニスは男子ダブルス3位決定戦で国枝慎吾(ユニクロ)斎田悟司(シグマクシス)組が三木拓也(トヨタ自動車)真田卓(フリー)組を6-3、6-4で破り、銅メダルを獲得した。

競泳は男子100メートル(視覚障害S11)の木村敬一(東京ガス)が今大会4個目のメダルとなる銅に輝いた。女子400メートルリレー(運動機能障害)の日本は6位だった。

車いすラグビーの日本はフランスに57-52で勝ち、1次リーグ2連勝で準決勝進出を決めた。

競泳男子100メートル自由形決勝で力泳する木村=寺沢将幸撮影

陸上は男子100メートル(切断などT42)の山本篤(スズキ浜松AC)女子200メートル(切断などT44)の高桑早生(エイベックス)はともに7位。女子200メートル(切断などT47)の辻沙絵(日体大)は決勝に進んだ。

ボッチャは個人(脳性まひBC2)の杉村英孝(伊豆介護センター)広瀬隆喜(アルムの森ペーターの丘)がともに準々決勝で敗退した。

日本のメダルは銀8、銅11の計19個。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン