2019年2月18日(月)

サッカー

サルコジ仏元大統領が捜査対象に 英紙、カタールW杯招致で

2017/8/4 10:35
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=共同】英紙デーリー・テレグラフ(電子版)は3日、フランスのサルコジ元大統領がサッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会招致に絡んで利益を得た可能性があるとして、フランス検察当局の捜査対象になっていると報じた。

同紙によると、カタールが開催国に決まる10日前に行われた、サルコジ氏と当時の国際サッカー連盟(FIFA)副会長のプラティニ氏、カタール関係者による会談などが調べられている。この席上でカタールの投資ファンドによるフランス1部リーグ、パリ・サンジェルマン買収も決まったとされる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 【マルセイユ(フランス)=共同】サッカーの海外各リーグは16日、各地で行われ、フランス1部でマルセイユの酒井宏樹はアミアン戦にフル出場し、2―0の勝利に貢献した。ドイツ1部で原口元気と浅野拓磨のハノ …続き (17日 15:25)

 サッカーのカタール1部リーグ、アルドハイルに加入した中島翔哉は16日、ホームのアルサイリヤ戦で初出場した。チームは1―0で勝ち、リーグ公式サイトによると、中島はゴールの起点となるパスを通した。
 中島 …続き (17日 14:22)

コルトレイク戦の後半、PKで移籍後初ゴールを決めるシャルルロワの森岡(16日、コルトレイク)=共同

 【ワーレゲム(ベルギー)=共同】サッカーのベルギー1部リーグで16日、シャルルロワの森岡亮太がアウェーのコルトレイク戦で0―1の後半21分に移籍後初ゴールとなるPKを決めた。同41分までプレーし、チ …続き (17日 10:05)

ハイライト・スポーツ

[PR]