2018年9月18日(火)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

鶴竜も名古屋場所を休場 19年ぶり全3横綱不在に

2018/7/13 11:19
保存
共有
印刷
その他

5日目、平幕相手に2連敗し、厳しい表情で引き揚げる横綱鶴竜関(12日、名古屋市のドルフィンズアリーナ)=共同

5日目、平幕相手に2連敗し、厳しい表情で引き揚げる横綱鶴竜関(12日、名古屋市のドルフィンズアリーナ)=共同

 大相撲の東横綱鶴竜関(32)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が名古屋場所6日目の13日、休場を決めた。5日目を終えて3勝2敗と精彩を欠いていた。今場所は稀勢の里関が初日から、白鵬関は4日目から休場。3横綱全員不在は貴乃花、3代目若乃花、曙の1999年春場所以来19年ぶりで、昭和以降5度目の事態となった。

 横綱が本場所で不在になるのは、一人横綱の朝青龍が3日目から休んだ2006年夏場所以来。複数在位する横綱が全員本場所を休んだのは、朝青龍と武蔵丸がともに途中休場した03年名古屋場所以来となる。

 鶴竜関は自身初の3連覇で6度目の優勝を目指したが、4、5日目と平幕相手に2連敗していた。休場は昨年11月の九州場所以来10度目となった。

 6日目の対戦相手、平幕千代の国関は不戦勝。今場所の十両以上の休場者は十両蒼国来関を含め、4人目。〔共同〕

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

稀勢の里(左)は遠藤を寄り切りで下し、勝ち越しを決めた=共同

 本来、給金を直した程度で騒いでは横綱に対して失礼に当たる。ただ勝ち越しは優勝した昨年春場所以来で実に1年半ぶり。8場所連続休場中、途中休場した4場所では計13勝16敗(不戦敗は除く)と本場所で勝つこ …続き (22:00)

遠藤(手前)を攻める稀勢の里

 大相撲秋場所10日目(18日・両国国技館)進退を懸ける横綱稀勢の里は平幕遠藤を寄り切り、昨年春場所以来の勝ち越しを決めた。横綱白鵬は関脇逸ノ城、横綱鶴竜は関脇御嶽海をともに寄り切って10連勝。御嶽海 …続き (19:10)

(東) (西)
竜電1―0琴勇
石浦3―3錦木
隠岐0―0隆勝
千丸1―1旭大
佐海2―1千翔
嘉風0―2大栄
貴岩0―1琴奨
松鳳1―3北富
碧山1―1阿武
大丸3―0朝山
妙義11―3宝富
千国5―3栃煌
輝 4―3遠藤
…続き (18:23)

ハイライト・スポーツ

[PR]