/

鶴竜も名古屋場所を休場 19年ぶり全3横綱不在に

5日目、平幕相手に2連敗し、厳しい表情で引き揚げる横綱鶴竜関(12日、名古屋市のドルフィンズアリーナ)=共同

大相撲の東横綱鶴竜関(32)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が名古屋場所6日目の13日、休場を決めた。5日目を終えて3勝2敗と精彩を欠いていた。今場所は稀勢の里関が初日から、白鵬関は4日目から休場。3横綱全員不在は貴乃花、3代目若乃花、曙の1999年春場所以来19年ぶりで、昭和以降5度目の事態となった。

横綱が本場所で不在になるのは、一人横綱の朝青龍が3日目から休んだ2006年夏場所以来。複数在位する横綱が全員本場所を休んだのは、朝青龍と武蔵丸がともに途中休場した03年名古屋場所以来となる。

鶴竜関は自身初の3連覇で6度目の優勝を目指したが、4、5日目と平幕相手に2連敗していた。休場は昨年11月の九州場所以来10度目となった。

6日目の対戦相手、平幕千代の国関は不戦勝。今場所の十両以上の休場者は十両蒼国来関を含め、4人目。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン