/

古谷の35位が日本勢最高 トライアスロン五輪予選・男子

トライアスロンの東京五輪予選最終日は16日、五輪のテスト大会を兼ね、お台場海浜公園(51.5キロ=スイム1.5キロ、バイク40キロ、ラン10キロ)で男子が行われ、昨年のアジア大会王者の古谷純平(三井住友海上)が日本勢最高の35位だった。

北條巧(博慈会・NTT東日本・NTT西日本)は42位。オーストラリア出身のニナー・ケンジ(NTT東日本・NTT西日本)と石塚祥吾(日本食研)は途中棄権、小田倉真(三井住友海上)はバイクでの周回遅れで競技打ち切りとなった。

東京五輪では男女各2の開催国枠がある日本は今大会3位以内の最上位が代表に決まり、16位までに入れば、他大会との比較や評価項目によって選考で有利になるが、今大会で満たした選手は出なかった。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン