/

阪神・鳥谷が海外FA権行使へ 球団社長「全力で慰留」

阪神の鳥谷敬内野手、能見篤史投手=共同

海外フリーエージェント(FA)権を取得している阪神の鳥谷敬内野手(33)が権利を行使する意向を球団に示していることが31日、分かった。南信男球団社長が「本人からそういう話があったというのは聞いている。(海外移籍も)選択肢に入れるという話だった。行使?ということでしょう」と明らかにした。

米大リーグに挑戦する意志を持っているとされる鳥谷は2012年に海外FA権を取得したが、過去2年は行使しなかった。南球団社長は「(宣言残留が)理想。全力で慰留する」と話した。

また、国内FA権を取得した能見篤史投手(35)は昨オフに残留を示唆していたが、あらためて「(気持ちが)変わることはない」と明言した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン