/

アジア出場枠案、3.5増の8へ サッカー26年W杯

【ロンドン=共同】国際サッカー連盟(FIFA)は30日、出場チーム数が現行の32から48に拡大される2026年ワールドカップ(W杯)の大陸別出場枠の案を発表し、現在4.5のアジア連盟(AFC)は大幅増の8となった。インファンティノ会長と各大陸連盟の会長がまとめた。

5月のFIFA理事会(バーレーン)で承認されれば正式決定となる。アフリカは5から9、北中米・カリブ海は3.5から6、南米は4.5から6、オセアニアは0.5から1、欧州は13から16に増えた。開催国は自動的に出場できるが、大陸別の枠数はその分、引かれる。複数の国による共催の場合、開催国枠の数はFIFA理事会で決定する。

残りの2枠は欧州を除く5連盟の代表など6チームで争われるプレーオフで決定。W杯開催国でテスト大会として行われ、26年大会の場合は25年11月の実施を見込むとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン