サッカー

アジア出場枠案、3.5増の8へ サッカー26年W杯

2017/3/31 8:57
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=共同】国際サッカー連盟(FIFA)は30日、出場チーム数が現行の32から48に拡大される2026年ワールドカップ(W杯)の大陸別出場枠の案を発表し、現在4.5のアジア連盟(AFC)は大幅増の8となった。インファンティノ会長と各大陸連盟の会長がまとめた。

5月のFIFA理事会(バーレーン)で承認されれば正式決定となる。アフリカは5から9、北中米・カリブ海は3.5から6、南米は4.5から6、オセアニアは0.5から1、欧州は13から16に増えた。開催国は自動的に出場できるが、大陸別の枠数はその分、引かれる。複数の国による共催の場合、開催国枠の数はFIFA理事会で決定する。

残りの2枠は欧州を除く5連盟の代表など6チームで争われるプレーオフで決定。W杯開催国でテスト大会として行われ、26年大会の場合は25年11月の実施を見込むとしている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

浦和―広州恒大の後半、ヘディングで先制ゴールを決める浦和・興梠(23日、広州)=共同

 【広州=共同】サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は23日、広州でホームアンドアウェー方式の準決勝第2戦が行われ、2大会ぶり3度目の優勝を狙う浦和が広州恒大(中国)を1―0で破って2戦合 …続き (1:35)

鹿島―ホンダFCの後半、ヘディングで先制ゴールを決める鹿島・土居(23日、カシマ)=共同

 サッカーの天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第8日は23日、カシマスタジアムなどで準々決勝4試合が行われ、鹿島、神戸、清水のJ1勢とJ2の長崎が勝ち上がった …続き (23日 21:56)

 日本サッカー協会は23日、U―19(19歳以下)アジア選手権予選(11月・ベトナム)に臨むU―18日本代表23人を発表し、MF松岡(鳥栖)やGK小久保(ベンフィカ)、FW染野(福島・尚志高)らが選出 …続き (23日 17:38)

ハイライト・スポーツ

[PR]