/

新田がケイリン「銀」 世界選手権男子、脇本8位

【プルシュクフ(ポーランド)=共同】自転車トラック種目の世界選手権第2日は2月28日、ポーランドのプルシュクフで行われ、男子ケイリンで新田祐大(日本競輪選手会)が銀メダルを獲得した。昨年大会で2位だった河端朋之(同)に続き、同種目で日本勢が2年連続で表彰台に立った。

男子ケイリン決勝 2位でゴールする新田祐大=手前左(2月28日、プルシュクフ)=共同

33歳の新田は6選手による決勝の最終周回で先頭に迫ったが、0秒038差で及ばなかった。

1月のアジア選手権(インドネシア)を制した脇本雄太(日本競輪選手会)は準決勝で2組5位となり、7~12位決定戦は2着で8位。河端は準々決勝で反則による降格となって敗退した。

女子スプリントの小林優香(日本競輪選手会)は予選を通過したが、1回戦でニュージーランド選手に敗れた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン