/

荒汐部屋、親方ら11人もコロナ陽性 若隆景に続き

(更新)

日本相撲協会は1日、荒汐部屋の師匠、荒汐親方(36)=元幕内蒼国来、本名エンクー・トプシン、東十両5枚目の若元春関(27)=本名大波港、福島県出身=ら同部屋の計11人の新型コロナウイルス感染が新たに確認されたと発表した。2人以外の感染者は幕下以下の力士8人と床山1人。

昨年12月31日に、同部屋で西前頭2枚目の若隆景関(26)の感染が判明。部屋の所属員ら24人がPCR検査を受けていた。感染者12人のうち3人が発熱などを訴えているが、症状は軽いという。今後、保健所などの指示に基づき治療を受ける。

芝田山広報部長(元横綱大乃国)は、荒汐部屋勢の大相撲初場所(10日初日・両国国技館)の出場に「本場所も近いから厳しい状況だ」との見解を示した。部屋には初場所の番付で10人の力士が在籍している。相撲協会は昨年、集団感染が発生した玉ノ井部屋の全力士について9月の秋場所を全休にする感染拡大防止策を取り、翌場所の番付を据え置いた例がある。

角界では昨年12月にも立浪部屋で計11力士が感染。芝田山部長は改めて協会員に注意喚起を通達するとした。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン