/

トラウト、8度目のシルバースラッガー賞 大リーグ

【ロサンゼルス=共同】米大リーグで打撃のベストナインに相当するシルバースラッガー賞が5日に発表され、ア・リーグの外野手で今季17本塁打、46打点を記録したエンゼルスのトラウトは8度目の選出となった。

両リーグ最多の60打点を挙げたホワイトソックスの一塁手アブレイユや、両リーグ最高打率の3割6分4厘をマークしたヤンキースの二塁手ラメーヒューも選ばれた。ア・リーグの指名打者はツインズの40歳クルーズだった。

ナ・リーグの遊撃手で17本塁打を放ったパドレスの21歳タティス、同僚の三塁手マチャドは初受賞。ドジャースの外野手ベッツは4度目の栄誉となった。

今季は新型コロナウイルスの感染拡大の影響でナ・リーグでも指名打者制が採用されたため、投手部門の選出はなかった。

同賞は各球団の監督やコーチの投票で決まる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン