2018年12月17日(月)
スポーツ > MLB > ニュース > 記事

MLB

主力放出によるチーム再建懸念 大リーグ選手会

2018/12/7 12:21
保存
共有
印刷
その他

マリナーズからメッツにトレードで移籍し、記者会見するカノ(左)とディアス(4日、ニューヨーク)=AP

マリナーズからメッツにトレードで移籍し、記者会見するカノ(左)とディアス(4日、ニューヨーク)=AP

【ニューヨーク=共同】米大リーグ選手会のトニー・クラーク専務理事はマリナーズが高額年俸の有力選手を放出するなど、予算を削減して再建を進めるチームが目立つ現状に懸念を示した。AP通信が6日までに報じた。

経営者側とは対策を話し合う意向があるという。このオフはマリナーズがエース左腕パクストンをヤンキースに、長く中軸を担った内野手カノや抑え右腕ディアスをメッツにトレードするなどした。

今季は複数の球団が主力を手放した結果、3チームが100敗以上を喫し、95敗以上は史上最多の8チームとなった。戦力格差の拡大はファン離れにつながり、ブルージェイズは約88万人、マーリンズは約77万人、ロイヤルズは約56万人も観客動員が落ち込んだ。同専務理事は「昨オフから似たような傾向があった。この懸念はチームの競争力とも関連している」と指摘した。

保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

電子版トップスポーツトップ

MLB 一覧

エンゼルスの大谷翔平=共同

 【ラスベガス(米ネバダ州)=共同】米大リーグ、ア・リーグの新人王に輝いたエンゼルスの大谷翔平と交流できる権利が13日、慈善オークションで1万5900ドル(約181万円)で落札された。メジャー初の黒人 …続き (14日 16:21)

 【ラスベガス(米ネバダ州)=共同】米大リーグの球団幹部らが一堂に会するウインターミーティングは12日、ネバダ州ラスベガスで3日目が行われ、エンゼルスのオースマス新監督が来季は打者に専念する大谷翔平( …続き (13日 10:16)

取材に応じる菊池雄星投手の代理人を務めるスコット・ボラス氏(12日、米ネバダ州ラスベガス)=共同

 【ラスベガス(米ネバダ州)=共同】プロ野球西武からポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指す菊池雄星投手の代理人を務めるスコット・ボラス氏が12日、ネバダ州ラスベガスで取材に応じ「具体的な …続き (13日 10:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]