/

西村徳文氏、オリックス監督へ ロッテ監督時代に日本一

プロ野球オリックスの新監督に、1軍ヘッドコーチを務める西村徳文氏(58)が就任することが5日、球団関係者の話で分かった。近日中にも正式発表される。

西村氏は宮崎・福島高から鹿児島鉄道管理局を経て、ドラフト5位で1982年にロッテに入団。通算1433試合で1298安打、363盗塁をマークした。ロッテ監督の1年目だった2010年には、史上初めてレギュラーシーズン3位からクライマックスシリーズ(CS)を勝ち上がり、中日との日本シリーズを制した。16年シーズンからオリックスのヘッドコーチを務めている。

4年連続のシーズン負け越しが決まっているオリックスは、9月25日に福良淳一監督(58)が、成績不振を理由に今季限りで辞任することを表明していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン