/

大リーグドラフト、7月開催か 新型コロナで延期

米大リーグ機構は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、6月に予定していたドラフト会議を7月に延期することが濃厚になったと26日、スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。

ドラフトはかねて中止も取り沙汰されていた。今季は試合数の減少が必至で、各球団の収入減が懸念される。アマチュア選手との契約金を抑制するため、指名選手を減らす可能性もあるという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン