その他スポーツ

男子走り高跳び、戸辺は5位 ダイヤモンドリーグファイナル

2019/8/30 10:41
保存
共有
印刷
その他

【チューリヒ=共同】陸上のダイヤモンドリーグ(DL)年間上位選手で争うファイナルは29日、チューリヒで行われ、男子走り高跳びの世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)代表で2メートル35の日本記録を持つ戸辺直人(JAL)は2メートル27で5位だった。同棒高跳びの山本聖途(トヨタ自動車)は5メートル58で11位。

男子100メートル(向かい風0.4メートル)はノア・ライルズ(米国)が9秒98で制した。男子は400メートル障害で46秒92のカルステン・ワーオルム(ノルウェー)と走り幅跳びで8メートル65のフアンミゲル・エチェバリア(キューバ)、女子は200メートルで21秒74のショーニー・ミラーウイボ(バハマ)と砲丸投げで20メートル31の鞏立●(おんなへんに交、中国)が、いずれも今季世界最高で優勝した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は23日のBSフジ番組で、暑さ対策で五輪のマラソンと競歩を札幌市に変更する案に関連し、他競技にも開催地変更の検討が及ぶ可能性を否定した。「これ …続き (23日 23:15)

 バスケットボール男子のBリーグ1部は23日、川崎市とどろきアリーナなどで9試合が行われ、中地区首位の川崎が三遠を94―87で退け、7勝目(1敗)を挙げた。
 東地区は1位のSR渋谷が宇都宮に81―91 …続き (23日 22:22)

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は23日、大会ボランティア約8万人を対象としたインターネットによる「eラーニング」研修を24日から始めると発表した。パソコンやスマートフォンを使って教材の …続き (23日 19:48)

ハイライト・スポーツ

[PR]