/

マリナーズが平野の獲得発表 単年契約、菊池と同僚に

【シアトル=共同】米大リーグ、マリナーズは30日、ダイヤモンドバックスからフリーエージェントになった平野佳寿投手(35)を獲得したと発表した。単年契約で球団公式サイトによると年俸160万ドル(約1億7400万円)で登板試合数などに応じ95万ドルの出来高も付く。菊池雄星投手の同僚となる。

平野は京都・鳥羽高、京産大を経て2006年にプロ野球オリックスに入団し、18年にダイヤモンドバックス入り。勝ちパターンの終盤の継投を支え、日本選手シーズン最多となる75試合に登板し、4勝3敗3セーブ、防御率2.44と活躍した。2年契約の2年目だった昨季は62試合で5勝5敗1セーブ、防御率4.75だった。

マリナーズは昨季68勝94敗と大きく負け越しア・リーグ西地区最下位に沈み、投手陣再建が課題。平野の契約の出来高には継投の最終登板の数も含まれており、抑えを任される可能性もある。

同チームにはこれまでイチロー、佐々木主浩、岩隈久志ら多くの日本選手が所属している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン