/

武藤が先制ゴール、チームも勝利 サッカースペイン国王杯

サッカーのスペイン国王杯は7日、各地で2回戦が行われ、エイバルの武藤嘉紀はラスロサス戦で前半14分に先制ゴールを決め、3-1の後半29分までプレーした。乾貴士は3-3と追い付かれた後の同40分から出場し、チームは延長の末に4-3で競り勝った。

ウエスカの岡崎慎司は1-2で敗れたアルコヤノ戦にフル出場した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン